« アルファリポ酸はアンチエイジングの代表 | Main | クレアチンでアミノ酸ダイエット »

紅麹 ベニコウジでコレステロールが下がる

紅麹(ベニコウジ)』 【紅麹 ベニコウジでコレステロールが下がる
紅麹 ベニコウジは「あるある大辞典」や色々な雑誌、メディアで特集された今最も話題の健康食品です。紅麹とは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹とは異なり 鮮やかな紅色をしているので 紅麹と呼ばれています。
紅麹は古くから中国・台湾地方で紅酒、老酒などの製造原料として利用されていました。
【紅麹 紅こうじ ベニコウジとコレステロール?】
紅麹は日本人が日常食べていて、慣れ親しんでいる味噌・醤油などに用いられる「黄麹」の仲間で学名を「モナスカス属」と呼ばれます。
古くから、紅麹は中国で出版された「本草綱目」に掲載され、「消食活血」「健脾燥胃」等の効果があるといわれています。これは「消化を助け、血の巡りを良くする」「内臓を強くし、胃をスカッとさせる」と言う意味です。日本でも、紅麹は昔から愛用され、沖縄地方でこの紅麹を用いた豆腐よう、紅ムーチなども人気です。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つギャバ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。

【紅麹 紅こうじ ベニコウジの由来】
紅麹(紅こうじ)は古くから中国・台湾地方で紅酒、老酒などの製造原料として利用されていました。麹は穀類などのデンプン質に麹菌を繁殖させたもので、日本酒や醤油、みそなどの製造でできるものです。麹は麹菌の胞子によって、黄麹、紅麹、黒麹に分けられます。紅麹は紅色をしていて、紅酒や紅老酒、紅乳菌などの醸造に、中国や台湾で昔から使われています。近年、紅麹(紅こうじ)の様々な身体への働きが注目されています。紅麹(紅こうじ)をご家族みなさまの健康維持におやくだてください。紅麹は日本人が日常食べていて、慣れ親しんでいる味噌・醤油などに用いられる「黄麹」の仲間で学名を「モナスカス属」と呼ばれます。
古くから、紅麹は中国で出版された「本草綱目」に掲載され、「消食活血」「健脾燥胃」等の効果があるといわれています。これは「消化を助け、血の巡りを良くする」「内臓を強くし、胃をスカッとさせる」と言う意味です。
【紅麹 ベニコウジ悪玉コレステロールだけを減少させる】
紅麹が悪玉コレステロールだけを減少させるという効果が注目されています。
紅麹は中国では伝統的な健康食品であり、2000年以上にもわたって健康食として食されてきました。紅麹は消化を助け、血の巡りを良くし、内臓を強くする効能を有する漢方薬としても利用されてきました。最新の研究により、人間の血中コレステロールの80%は食事から摂取したものではなく、生体内で合成されたものなので、食事制限だけではコレステロールの低下は望めないことがわかってきました。コレステロールが過剰になると、さまざまな生活習慣病を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい病気をひきおこす要因となります。紅麹に含まれる「モナコリンK」(別名:ロバスタチン)は、肝臓で作られるコレステロールの量をコントロールして、血管や心臓、肝臓の負担を軽くする働きがあり、悪玉コレステロール(LDL)だけ減らし、善玉コレステロール(HDL)をほとんど減少させない働きが確認されています。
 また紅麹に含まれるギャバが血圧を下げる作用があることもわかってきました。


紅麹は、古くから中国・台湾地方で紅酒・老酒などの製造原料として利用されてきました。日本では、沖縄で豆腐ようと呼ばれる豆腐の発酵食品が琉球王朝時代の上流階級で僅かに生産され、病中・病後の滋養食として珍重されていました。本品は、その紅麹を研究開発した話題の成分モナコリンKを含む20倍濃縮エキス末を配合しています。さらにカメ仕込みで玄米をじっくりねかせ作られた黒酢のもろみを加えています。
      紅麹 紅こうじ ベニコウジお奨めサイト→→紅麹販売サイト


紅麹菌が産生するモナコリンKが皆様の健康をサポート!お米と紅麹菌の100%自然の食品です。米紅麹は粒状タイプ米紅麹だけで作られています。原料としてお米を使用し、蒸した後生紅麹を培養し、乾燥して作られ、添加物は一切使用されていませんから完全100%自然の健康食品です。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。
     紅麹 ベニコウジお奨めサイト →→紅麹販売サイト


紅麹は、中国や台湾、沖縄において古くから酒、中国料理等に用いられてきました。近年紅麹の持つ機能性が注目されており、特にモナコリンという成分は世界的に注目を集めています。紅麹プラスWは、この紅麹にキトサン、イチョウ葉エキスをリッチに配合した栄養補助食品です。不規則な生活習慣を気にする現代人を強力にサポートします。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。
    紅麹 紅こうじ ベニコウジお奨めサイト →→紅麹販売サイト


|

« アルファリポ酸はアンチエイジングの代表 | Main | クレアチンでアミノ酸ダイエット »